【DIY】ブライワックスを2×材(ツーバイ材)に塗る【BRIWAX】

ブライワックス

こんにちはー!

タイガーです(^^♪

今日は私がDIYで使っているワックスを紹介するよ。

まずこれを見てください。

ブライワックス

こちらワックスを塗る前と、塗った後の2×材だよ(*’▽’)

個人的には断然塗った方が好きです!

トラオくん

では家にあるもので簡単に塗っていきましょう

る前にヤスリがけ


ヤスリがけをすることによって細かい傷がつき、

ワックスが定着しやすくなります。

私は

80番のヤスリ➡240番のヤスリ

と、2度ヤスリがけします。

ヤスリは番号が小さい程荒く、

番号が大きくなると細かく普通紙に近づいていくイメージです。

しかしこれが結構しんどい。。。

ここで

大物の場合はサンダーを使うことをオススメします。

私が持っているのはボッシュのサンダーです(‘ω’)ノ

サンダー

サンダーのメリット
①腕が疲れない
②粉塵(ふんじん)を吸い込んでくれる
③短時間で作業を終わらせることができる

①は間違いありません。

②に関しては完璧に粉塵を吸い込んでくれるわけではありません。

やはりマスクはした方がよいでしょう。

③に関しても間違いないですね。

2×材の全ての面を何本も・・・

なんてことだと気が遠くなりますからね。


サンダーのデメリット
①当然買うのにお金がかかる
②音がうるさい
③ヤスリの付け替えがちょっと面倒

①安いものは数千円で買えます。

こだわらなければ大きな出費にはならないかも!?

②が個人的には一番気になります。

ご近所さんからは何も言われていませんけど(;^ω^)

壁の薄いワンルームとかだと隣人にビックリされるでしょうね!

③に関してですが、すごく面倒ということはないです。

でも頻繁に付け替えたくないなぁ・・・

と正直思うレベルですね(;^ω^)

 

スポンジで全体に塗っていく


スポンジ

スーパーで5個入りで売っているようなスポンジを使っています。

使い終わったら捨ててしまいます。

塗りむらがないように丁寧にやっていきましょう!

この時ワックスを弾いてしまうような感じがあれば、

その部分をもう一度ヤスリ掛けするといいですね。

 

わしでこする


たわしワックスがある程度乾いたら、

たわしでゴシゴシこすって定着させましょう。

木の節(穴が開いている部分)にも色がしっかり入っていることを確認してください。




でこする

布

最後に家にあるいらない布で磨いていきます。

家の壁紙などなど汚れてしまったら大変ですからね!

こすればこするほど艶が出てくる感じで嬉しくなります。


あとがき

いかがだったでしょうか?

ワックスは買わなければいけませんが、

それ以外は家にあるものでなんとかなるのではないでしょうか?

塗り忘れた細かいところは歯ブラシでちょちょっとできたりするし、

あまり難しく考えなくてもいい感じに色はつきますよ(*’▽’)

是非お試しください。



それでは読んでいただきありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です