【ダイソン】壁掛けブラケットで掃除機をスタイリッシュに収納する【ラブリコ】

ダイソン

トラオくん

ダイソンの掃除機はやっぱりいいね
そうね、スタイリッシュでクールだわ

トラミちゃん

トラオくん

タイガーさんの家ではずっと床に転がっていて、スタイリッシュでもクールでもなかったけど
もうそんなこと言わせない

トラミちゃん

ダイソン壁掛け

トラオくん

まぶしいっ!!

 

壁に穴をあけたくないならラブリコ

ラブリコアイアン

  1. 2×4材を適切な長さに切る。
  2. 2×4材に色をつけたい人はつける。
  3. ラブリコ(ラブリコアイアン)を取り付ける。

この3ステップでまず柱は作れます。

ではちょっと詳しくみていきます。

 

 

 

2×4材を適切な長さに切る。

「ラブリコ」と「ラブリコアイアン」では切る長さが違うので気を付けてください!

ラブリコ ラブリコ アイアン素材
屋内用 屋内・屋外用
天井の高さから95mm短い2×4材 天井の高さから75mm短い2×4材
①まず床から天井までの長さを測る
②ラブリコならツーバイ材を①-95mmの長さに切る
 ラブリコアイアンならツーバイ材を①-75mmの長さに切る
 ってことですね。

タイガーさん



ホームセンターなどで2×4材を購入し、その場でカットしてもらうのが一番手っ取り早いでしょう。

自分でやりたい場合、

車で運ぶにしてもかなり長いので、車のサイズなども考える必要があります。

自分でカットする場合はのこぎりで容易に切ることはできます。

※まっすぐ切るのが苦手な人のための補助工具もありますので、機会があれば紹介したいと思います。

 

2×4材に色をつけたい人はつける


上の写真は2×4材にワックスを塗ってあります。

やり方は以前まとめたものを読んでみてください。
ブライワックス【DIY】ブライワックスを2×材(ツーバイ材)に塗る【BRIWAX】


ワックスを塗るのが面倒な方はそのままでも問題ありませんが、

手間をかける価値はあると思います。

ラブリコ(ラブリコアイアン)を取り付ける


ラブリコをツーバイ材に取り付ける際は工具を必要としません。
ラブリコ

上も下もカポッとはめるだけです。

ラブリコアイアンはドライバーを必要とします。
ラブリコアイアン

ネジは付属しているので用意する必要はありません。

ツーバイ材にダイソンを取り付ける


いよいよ本題に取りかかります。

  1. コードを通すための穴をあける。
  2. 壁掛けブラケットをツーバイ材に取り付ける。
  3. コードをスッキリさせる。


これまた3ステップで完了します。

1つずつ見ていきましょう。

コードを通すための穴をあける。


コードを通すために100円玉程度の穴をあけます。
ダイソン用穴
工具が揃っていないので結構大変でした。

穴は隠れて見えなくなるので神経質になる必要はないでしょう!
(自分に言い聞かせます)

コードの細さだけならもっと小さな穴でいいんでしょうけど、

先っぽがデカくなってるので無理だと思います。

ちなみに穴をあける位置(高さ)ですけど、

ダイソン本体をツーバイ材に当てて目印を付けました。

充電中ダイソンは宙に浮いた状態になります。

なので、

穴をあける位置が下すぎると困ることはありますが、

上過ぎて困ることはありません。

自分の好みの高さにしてください。

我が家はあまり浮かせたくなかったので、床から1cm程度浮く感じにしました。

トラミちゃん

 

 

壁掛けブラケットをツーバイ材に取り付ける。

  1. まず壁掛けブラケット(下の画像に写っているグレーの物体)をツーバイ材にあてて、取り付ける高さを確認してください。
    そしてネジの位置に印をつけておきます。

  2. ネジを締める前にドリルで下穴をあけておきましょう。
    ドリル※私はここで大変苦労しました。
     ネジを締めたいところが木の節だったのです(;O;)
     木の節とはこの濃くなっている部分ですね。
    木の節
     木の節は固いのでネジがなかなか入らない&抜けないので!!
     下穴の大きさをきちんと考えてからネジに進んだ方がいいです。

  3. 下穴をあけたらブラケットの穴と合わせてネジを締めます。
    ダイソン壁掛けブラケット
    使用したネジはこちらです。

created by Rinker
八幡ねじ(Yahataneji)

コードをスッキリさせる

充電コードをスッキリさせます。

こちらをご覧ください。
ダイソン後ろのコード
こうすることでツーバイ材からはみ出すことはありません。

コードが長すぎて床でだらしなくなってしまう場合も、

このアイテムを使えば後ろで調節できます。
ダイソンコード
一度上に上げたり、うねうねさせたりすればOK!

あとがき

DIYと呼べるかわかりませんが、

私が一番最初に作ったのがこれでしたね。

単純そうですが、自分なりにいろいろ調べて作った思い出があります。

木の節からネジが抜けなくなったときは心が折れましたよ(;^ω^)

慣れないと大変だと思いますが、

やはり床に置いておくよりもダイソンはカッコよくなりました。

是非チャレンジしてみてください!


読んでいただきありがとうございました(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です